さいたま市南区彩の街整骨院の膝の痛み治療方法

  • 膝に痛みがあり、階段の昇り降りがつらい
  • 膝の水を抜いても、忘れた頃にまた痛みが出てくる
  • スポーツの最中に膝を痛めてしまった
  • 正座をすると膝が痛む

ひざの痛みの原因

膝のタイプ 膝を曲げて歩く、O脚、ガニ股、内股

多くの患者様が、病院などで「ひざの痛みは軟骨がすり減ってるから」と言われたり、「ももの筋肉が落ちたから」、「ひざの骨が変形を起こしてるから」などと言われ、年のせいだからしょうがないかとあきらめているようです。

しかしさいたま市南区 彩の街整骨院では、たとえ変形や筋力低下といった老化現象があったとしてもひざの痛みは取れると考えています。

なぜならひざの痛みの原因を詳しく調べてみると、ほとんどの患者様で問題となっているのは、変形や筋力低下といったことよりも、ひざの使い方や、体全体の動かし方の問題が大部分なのです。

たとえばひざを曲げて歩く、がに股や内股など、さらにO脚が強い、左右の足の長さが違う、いつも同じように足を組むなどの生活習慣を続けている方は、ひざ周囲の同じような場所の筋肉が使われ続けるため、その筋肉に痛みを起こしたり、ひざの関節の柔軟性がなくなることで、滑らかに動かなくなって痛みを出してしまうのです。

彩の街整骨院の膝痛治療

膝痛治療

当院では、まずはひざの関節周囲の筋肉をよくほぐすことで、筋肉のバランスを取り戻し、さらにひざの関節の動きや使い方を矯正することで、ひざにかかる負担を軽減し、多くのひざの痛みを取り除いています。

さらにО脚や極端ながに股、内股、左右の足の長さの違いなどの場合、骨盤にゆがみを起こしている可能性が高いため、しっかりと整えてあげることも大切になってきます。

ぜひ当院で、ひざの痛みを一緒に治していきましょう。

2つの療法で膝の痛みを緩和!

さいたま市南区彩の街整骨院はAKA療法で膝の痛みを緩和します さいたま市南区彩の街整骨院は骨格の歪みを正すことで膝の痛みを緩和します

患者様の声

さいたま市 南浦和 80代 女性

女性イラスト

膝を曲げ伸ばししたり、立ち上がるときに痛みが出て毎日辛い思いをされていました。はじめは左膝にそのような症状が見られましたが、右膝にも同じような痛みが出始めました。当院で検査を行ったところ、関節がとても固くなっていたので物理療法と手技療法を併用して関節を動かす練習を行いました。3ヶ月ほど通われて、動きもだいぶ改善されました。現在も定期的に通われています。

さいたま市 南浦和 20代 男性

男性イラスト

フットサルの試合でダッシュをしたときに足をひねってしまい、膝の内側を痛めてしまわれました。靭帯を痛めていたので、アイシングをしてテーピングで固定。痛みが軽減してきたころに、徐々にストレッチで刺激を加えながら正しく伸び縮みができるように筋繊維を整えました。一週間程で改善することができました。
近くに南浦和の競技場があるので、こういった怪我をされた方が日曜日によく来院されます。

お問い合わせはこちら

さいたま市南浦和彩の街整骨院。交通事故患者は平日21時まで受付!048-764-8318
TOPへ戻る